それは“たられば”ではなく

2014年9月13日。

前日に灯火採集でオニクワガタを仕留め、ホクホクしていたのも束の間、私の大学生活史上最大規模の離島採集作戦が幕を開けることとなった。

目標地点・沖縄本島北部地域、通称“やんばる”

採集目標


―オキナワマルバネクワガタ。

マルバネクワガタ。それは、ただ静かに最期を迎えるだけのハズだった私の大学生活末期を、大いに狂わせた存在であった。

南西諸島の原生林深く、ごく僅かな時期にのみ、ごく限られた場所にのみ出現する怪物。

国産クワガタ離れした重厚な体躯。
見間違えようの無い独特のシルエット。
造形美溢れる、スラリと伸びた大アゴとタテヅノ。
未だ多くの謎を残す不思議な生態。
採集者を拒む原生林の深淵と、守護神「ハブ」守られた、しかしそれでいて挑戦者の絶えることの無い、逃れ難き「魔性」と「神秘」を纏う存在。


その虫との戦いが決して遠い国の夢物語などでは無いことを自覚するに至ったのは、実際にマルバネとの戦いに身を投じ、幾つもの名と戦果を挙げた、或る猛者との出会いがきっかけだった。

その猛者から私は、マルバネ採集の魅力と魔力を教えられた。元々興味自体はあったものの、「採集難易度はかなり高い」と言う評判に臆し、今まで手を出せずにいた。しかしその人は、そんな我々でも採集を実現しうる可能性はあると、示して下さったのだ。

確かに、ネットの採集記などでも捕獲例がいくつ
も見られる。中には何と、林道を自転車一つで巡り、探し当てたと言う人間もいるではないか。

「我々にも、出来るかもしれない。
戦う事すら夢物語と思っていたこの“怪物”を…倒す事が……」

我々は遂に決意した。私と、サークル時代から付き従う後輩の鼎氏、更に現地で合流予定の強力な助っ人一人を加え、本格的なオキナワマルバネ採集作戦が計画されたのである。

マルバネ採集は初の試みである。正直言って、何もかもが手探りだ。情報も圧倒的に少ない状況であったが、それぞれに持てるものを最大限に組み合わせ、攻撃地点や日程、時間を綿密に組み上げていった。

そして、船出の刻である。
この航路を往く船には、もう何度も世話になっている。しかし、何度来ても飽きる事など無く、むしろ数を経る度に、我々の採集に対する夢の炎は高く、激しく燃え盛っていったのである。

船は波をかき分け、我々を戦いの地へと導く。
私は船上でまだ見ぬ“本物”の怪物の姿を思い描きながら、ひたすらネット上のオキマル採集者の歓喜に満ち溢れる姿を、繰り返し眺めていた。





「成る……!
もう少しで……“コレ”が現実に………!!」
スポンサーサイト

回歴する追憶の採集唄

2016年3月15日。全国のクワガタファンにとって忘れ難き日となりました。

オキナワマルバネクワガタの、種の保存法指定。

2010年代に入ってから、離島…とりわけ南西諸島における昆虫採集の規制が急激に加速し、南西諸島クワガタ最人気種であるマルバネクワガタは、特にその対象となっていったのです。それ以前から元々採集が禁止されていたウケジママルバネを初めとして、

2011年、ヨナグニマルバネクワガタ種の保存法指定。

2013年、奄美大島におけるアマミマルバネクワガタの希少野生動物種指定。

2014年、徳之島におけるアマミマルバネクワガタの希少野生動物種指定。

2015年、石垣島におけるヤエヤママルバネクワガタ、チャイロマルバネクワガタの希少野生動物種指定。

そして2016年、規制にはまだしばらくかかるだろうと予想していたオキナワマルバネまでもが、その仲間入りを果たしたのです。

日本には数多くのクワガタが生息していますが、このマルバネクワガタに対して並々ならぬ熱意を抱いている人は少なくありません。

秋の夜長に原生林から突如として現れる、国産クワガタのイメージからかけ離れた漆黒の異形。その神秘的姿には、一種の畏怖さえ抱いてしまう程です。

私自身、このマルバネクワガタの“魔性”に取り憑かれたのは大学時代後期になってからであり、並み居るマルバネファンの方々と比較すれば最末期の新参者ですが、この悲しき採集時代の最期を看取った者の一人として、このブログでは明かしていなかった…



2014年秋の沖縄本島で、実際にオキナワマルバネクワガタを採集した話を語らせて頂きたいと思うのです。

かつて、ネットに幾人もの人間がオキナワマルバネを採集した喜びを書き連ねていました。普通のクワガタ採集とは桁違いの難易度ゆえに、どの採集記も、見ているこちらまでテンションが上がってしまう程の狂喜乱舞に溢れていたのです。

しかし、その歓喜が今後新たに出て来ることは無いでしょう。機会は永久に近く失われました。


しかし、まだここに一つだけ残っています。

恐らく、「最後に書かれたオキマル採集レポート」になるのでは無いでしょうか。後世、オキナワマルバネに興味を持った子供たちが、ガラス蓋の箱に飾られた姿だけで満足を強制されるような時代にしてはいけません。採集は出来ずとも、せめて…その姿を現地まで見に行く意欲を沸き立たせる事だけでも出来ないものか。

次から書いていこうと考えている採集記が、少しでもその役に立てられたらいいなと妄想しながら…今回はここまでにしようと思います。

荒れ地の抱卵

2011年9月 西表島

タイワンオオムカデ

畑地に落ちてた板切れを捲ったら登場。初にお目にかかったタイワンがまさかの抱卵個体とは…

緑色の頭部。当時タイワンの頭は赤色…と思っていたので、唐突な緑頭の登場に害虫氏、困惑。そして思っていたより小さい。約10センチ程。トビズムカデ(八重山基準)くらいあるんじゃないかと考えていたので拍子抜けでした。

↑こんくらいあると思っていました

当時はレアなムカデだと思っていたのですが、時代が進む度に捕獲例や画像が出てくる出てくる。誰も知らない程度が丁度良かったのに…。

ミニマム・ビートル

2015年 5月6日、喜界島。

卒論研究のサンプル調査に喜界島を訪れていたのですが、過去複数の離島を巡って昆虫採集をして来た私が、ここで調査だけに甘んじる筈が無く、隣の奄美大島に比べて圧倒的に生物相が少ないながらも、調査の合間にチビチビ採集を決行した訳です。

ところが、崖の斜面に生えたタブノキに止まったホシベニカミキリをキャッチする程度しか目立った戦果が挙がらず、しかも捕獲した瞬間そのまま下へ転げ落ちる有様。そろそろここらで何か大きな戦果が欲しいと思いつつも、無為に時間だけが過ぎ、そのうち日も落ちてしまいました。


一人離島の夜は恐ろしいものです。人気も無い漆黒の帳が、誰も味方のいない孤独から来る恐怖心をより一層増幅させます。ここで自分の身に何があっても誰も助けには来ない。自分の体が、そのまま夜の闇に融けて無くなってしまうのではないかとさえ思えてしまいます。しかし離島の夜という最大のビッグイベントを、呑気に寝袋に包まってやり過ごす訳にはいきません。

ろくに灯りも無い藪の傍をノロノロ進んでいると、「そいつ」は現れたのです。


ん?


甲虫…?
コガネムシか?



…………ツヤと厚みのある体、太い脚…

まさか…

こいつは…


!!!!

3秒ほどで私の記憶回路が連結しました。
確かに、コイツはこの島で記録がある!!!


「クロマルカブト」だ!!!

その正体は日本最小のカブトムシ、クロマルカブトでした。奄美大島や沖縄本島と言った大きな島では確認されず、トカラ列島、沖永良部島、粟国島といった小規模な島に隔離的に分布しており、発生時期も5~6月の初夏頃という、マイナー中のマイナーカブトムシ。喜界島にも生息している(トカラからの移入?)という話を小耳に挟んでいたので、まさかとは思っていましたが、本当にいたとは…


これだけやりました

本土にもいるコカブトムシを更にもう一回り小さくしたサイズ。角は無く、カブトムシというよりフン虫のようなフォルムです。レア度なら南大東島のヒサマツサイカブトに分がありますが、知名度の無さはそれにも劣らぬ勢いでは無いかと。コイツを捕る為だけに奄美や沖縄を捨て置いてまで向かう人も少ないでしょうし…。

とにかく、隣の奄美大島では出来ない、喜界島らしい採集が出来て満足満足。私みたいなペーペーが言うのも何ですが、やはり最後まで何が起こるか分からないから、採集というのは止められんのですよ。

消えた朱色の徹甲弾

どうも。深夜になっても眠くない害虫です。

ジャスミン茶を一度に2リットルも掻っ込んだせいか、明後日の自衛隊航空祭が楽しみ過ぎるせいかは分かりません。

いや、やたらトイレが近いんでやっぱり前者かも。


という訳で今日も深夜テンションで更新していきますよ。


いきなり問題です。



これは何でしょう?






……見た感じ、繭ですね。何かの。


はい、そうです。これは繭です。

中身はこんなです。





すっげぇキモいデザインだな!!!

そしてこのすっキモな幼虫と蛹の成虫こそが………




ヤシオオオサゾウムシ

これが正体。外来種昆虫の「ヤシ」「オオ」「オサゾウムシ」です。初見じゃどう区切るのかわからんよ……

東南アジア原産の昆虫とされ、街路樹に用いられるフェニックス(カナリーヤシ)の害虫として知られています。

南九州では2000年代初め頃から猛威を奮い始め、様々な場所に植えられていたフェニックスを立ち所に枯らすという、暴虐の限りを尽くした(?)邪悪な存在です。



こんな風に枯らします。
通常とは異なる枯れ方をするので、ヤシオオオサゾウムシ、縮めてヤシオの仕業だとすぐに分かります。


こいつが食害するのは、殆どが国外から持ち込まれた外来種のヤシばかりであり、日本在来のヤシへの被害などは、特に目立って知られてはいないので、派手な事をする割には「特定外来生物」どころか「要注意外来生物」にも当て嵌まっておりません。

一応、ヤシの木などに病気をバラ撒く存在という事で駆除や対策がなされた為、近ごろは殆ど姿を見かけなくなったようです。当時夢中で採集したであろう虫屋の方々からも「ヤシオ?アレまだいるの?」と忘れかけられる始末。

まるで、数年前からブームが既に過ぎているオワコン深夜アニメの話を唐突に振ってしまうような心許なさです。

写真は、2011年に辛うじて市街地に生き残っていた個体を採集し、撮影したものです。

誰も彼もがオワコン扱いしている哀れな虫ですが、私にとっては昆虫採集を始めた頃に知ったという事もあり、深く印象に残っている虫の一つです。

明らかに日本離れした、仰々しい艶のある朱色と黒のカラーリング、ドングリや徹甲弾を思わせる流線的なボディ、僅か3センチ程の大きさながら、高さ数メートルの木を次々と枯死させてゆくその凶悪性に、強く惹かれたものです。

枯れかかったフェニックスから取り出した繭の中に、生きたコイツの姿を見出だした時など、絶頂すら覚える!!!


さて、現在のヤシオですが、去年の春やっとの思いで数頭採集したのを最後に、その姿を見る事は(今のところ)なくなりました。

近くでそれの仕業と思われる枯れたフェニックスを見かける事がたまにありましたが、実物を確認する事は未だ出来ずじまいです。


しかし…去年のアレが最後のヤシオとは思えない……。

ヤシオ、この地のどこかに。
プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR