スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢い生活

-最も賢い生活は一時代の習慣を軽蔑しながら、しかもその又習慣を少しも破らないように暮らすことである-


 これは芥川龍之介の小説「河童」の一節(正確にはこの作品内に出てくる『阿呆の言葉』という架空の本の一節)です。ラノベもろくに読まない程本に疎い私ですが、芥川龍之介の作品だけは自発的にいくつか読んだことがあります。これはその中で特に印象に残った部分です。


さぁ、果たしてこの言葉は一体どういう意味なのでしょうか。


「リア充めが爆発しちまえ!」

と日夜声高に叫んではいるが、側にはちゃんと可愛い彼女がおり、日々の生活に退屈しない・・・・
という男のようなものでしょうか。
私はそんなヤツは一度も見たことがありません。

きっと世間は馬鹿ばかりってことなんでしょうね。   ええ、サーセンww
スポンサーサイト

ダイナミック捕食

2012年8月9日、さつま町の紫尾山山頂。

強力な光を照射して虫をおびき出す採集、「ライトトラップ」をやってきました。
touka
我がサークルの誇る灯火装置。さぁ、照時間(ショウタイム)だ!!!

usuba
やや大きめのウスバカミキリ。カミキリでは比較的普通に見られる種ですが、個人的には好きな虫です。
kuroside
仕掛けた腐肉に集まった大量クロシデムシ。本来狙っていたのはオサムシでしたが・・・・

今回は目当ての虫があまり見つけられず、満足した成果とは言えずじまいに。
しかし、明りの周りをうろうろ見て廻ると、ついででこんな奴らが。













                            \やぁ/
oogezi
夜の山名物、ゲテ虫の代表格オオゲジとその餌となったカマドウマ!
多くの細い脚を巧みに使ってカマドウマをがっしり捉え捕食、そのまま残った脚だけで体を支え天井にぶら下がるという離れ業を見せるオオゲジ。多足類では随一の機動性を誇っています。驚異の跳躍力を見せるカマドウマも、これに襲われたらひとたまりもありません。

どちらも「不快害虫」と呼ばれる虫の中でもレベルの高い気色悪さを持つ虫ですが、強さに関してはゲジの方が上回っているようでした。
プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。