スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分、物語のなんなのさ

最近私、「妄言」とか「日記」カテゴリの記事しか書いてませんなあ。パソコンもカメラも壊れてしまい、画像がうpできないから書く事も限られてしまいます。


趣味の虫捕りに行けども結果振るわず、それが祟って体調を崩し、むしろ返り討ちに遭うという始末。イボタガクレェ…


はい、というわけで今日のお話は「歪んだ変身願望」。すんげー重そうな話題ですが、面白可笑しくやっちゃいましょう。



漫画やアニメのキャラになりたい!

よほどの捻くれ者でない限り、誰もが一度は思い描く夢。かく言う私も物心付いて真っ先になりたかったものは「バルタン星人」でした。

しかしチビッ子の言い分に関してはとりあえずスルーです。

今回は大の大人がいい歳こいて持つ夢についてのお話ですから。


大人の世界は理不尽です。毎日が退屈で自堕落で、常に誰かの言いなりにならずにはいられない。無茶振りな災難や暴力に虫の息となって耐え凌ぐのがやっとで、自分が持つべき使命や理想は、みーんな薄っぺらな世界に丸投げにしてしまいがちです。


今日もどこかで底辺の人間達が美少女を引き連れ、立ち所に世界を救ってくれる事でしょう。それに対して人々は、「俺達もこうなれたら」と無意識に自己投影をしながらも、ただ何もせず別の次元から傍観しているだけです。

「人生辛い。こんな作品の世界に行きたいな」

歪んだ変身願望はここで姿を現します。

私も結構思います。しかし、どう足掻いても次元を超越した存在にはなれないし、大してよく考えなくても

「俺、今生きてる世界でもこんなザマなんだ、もし理想の世界に入った所で、贔屓のキャラと知り合いになるどころか、会うことすらもできないんじゃ…」

と至極まっとうな意見に辿り着くのが関の山です。

実際、その作品にはれっきとした主人公がいるわけで、近年の漫画、アニメでは世界の危機とかうんたらかんたらが皆、そいつとその取り巻きに収束しがちな為、急に私らが乱入などしても、何の意味もありません。


美少女達とのフラグ欲しさに今の主人公を殺して(!?)成り代わったとて、果たして自分にその使命が果たせるどうかも大変疑問です。

結局、大人になってお話の世界に理想を求めるのは不毛で虚しいだけなのです。

近年、やたらバッドエンドや欝展開、そしてそれを描く脚本家などが変に持ち上げられるのも、理想を追い掛けるのに疲れた人が多くなったからじゃないでしょうか。


しかし!本当にしかしですが…万に一つ、「フィクションの世界に行ける装置出来ちゃった、てへぺろ」みたいな事態が起こる…かもしれないじゃないですか。

その時に備えて私は、まず身だしなみと体型の改善に努め、バトルもできるよう体力作りも欠かさず、さらにはコミュニケーション能力の向上を今から目指そうかと思います。



自分でも随分意味不明な自己磨きの動機だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そういうときは、自分が物語の神になればいいのですよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。