スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消耗品的ピーアール





2013年 9月 種子島。

アニメ「ロボティクス・ノーツ」の舞台となったということで、町中にアピールがなされていました。


私自身、そのアニメについてはあんまり興味が無くて知らないのですが、何の変哲もない町でアニメ絵がチラチラ見えたら、何だか気にはなるものです。

アニメを用いた観光PR、最近よく見かけるようになりました。一般世間で有名になったのは、アニメ「らき☆すた」のアレ辺りからでしょうか。この種子島のように、自治体等が自ら聖地を取り上げていく立ち回りにすら成りつつあります。

しかしこの宣伝方法、長い目で見るとかなり消耗的なやり方だと思います。

そもそもアニメ自体がブームの移り変りの激しいコンテンツであり、熱しやすく冷めやすいそれらの文化を観光PRに用いるのは、割とナンセンスだと言えるのではないでしょうか。

現に私が実際に種子島を訪れた時には、「ロボティクス・ノーツ」の放映から既に一年近くが経過しており、一時は「巡礼者」で溢れかったであろうその賑やかさは、もはや面影すら残しておらず、観光案内所には、今もやっているのかすら分からないスタンプラリーのチラシだけが虚しく置いてあるだけでした。

自治体からすれば、例え一時的でも人が集まれば万々歳なのでしょうが、まるで祭りの後のようにもの寂しいブームの廃れ具合は、見ていて妙な哀愁を感じずにはいられません。悲しいなぁ



あとついででどうでもいい話ですが、私の出身地である佐世保、近年放映された「坂道のアポロン」というアニメの舞台となり、晴れて「聖地」の仲間入りを果たしたのですが、そっちよりも「艦これ」で佐世保の名前を知る人の方が多いような気がするんですが、それは大丈夫なんですかね…(不安)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。