スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪物カミキリに出会った話

(もう米軍基地の強襲揚陸艦を遠目に探すだけの生活は嫌だお…)

という訳で実家の佐世保より再び鹿児島に舞い戻った私こと害虫です。ボノム・リシャールでっかかった。

最近絶望的に虫捕りに行けず、敢えてやったことを挙げるならば、せいぜい地元の山のクヌギを数秒眺めたぐらいでしょうか。カナブンしかおらんやっか…


とりあえず1/700空母タイコンデロガのプラモを即買いボンバーしたのですが、そろそろ軍事ネタの話をするのも飽きてきたんで、久々に虫の話を。


何度か話しておりますが、私はデカブツな虫が大好きです。小型の稀少種より大型の普通種を選ぶ位好きです。大型で稀少種なら尚更好きです。

そんな私が、今まで見てきた虫の中で、最も震撼した奴は何かと挙げるならば、これはもうアレしかいません。










タイタンオオウスバカミキリ。





ネットとかテレビでよく取り上げられる「巨大昆虫」の筆頭格たるアイツです。南米に生息していて、子供が手に持っている写真が特に有名ですね。

しかし「生で見た」という人は、その知名度の割には圧倒的に少ない筈でしょう。

ですが、私は偶然にもその「本物」を見る機会に巡り合う事ができたのです。

二年くらい前ですが、色々あって「タイタンの標本を持っている」と言う人と知り合いになり、実際にその標本を見せて貰ったのですが、それは写真で見るよりも、遥かに私の想像を超えた存在でした。



こんなです。

タイタンの姿自体は、ノコギリカミキリとウスバカミキリとベーツヒラタカミキリを5:4:1の割合で混ぜたような地味な物ですが、その規格外のデカさの前に、そんな文句は直ぐ様何処かへ消え失せる事でしょう。

初めて見た時の率直な感想は、「こんなん地球上にいる生物じゃねえ」でした。
もはや昆虫ではありません。怪物です。普通ならば、どんなにデカいデカいと言われる虫だって、所詮は指二本で摘める程度の大きさです。しかしコイツは違います。まさにネットで出回る写真のように、片手全体で掴まなければならない程デカいのです。「摘む」ではなく「掴む」です。

確かにカブトムシとかクワガタでも、近年は大型の外来種の入手が簡単になり、巨大な個体を店先で見る機会も増えましたが、こいつはカミキリムシです。その辺の養殖臭い連中とは違って、普段ならまず見かけもしないものですから、衝撃度も桁違いでした。


コレのせいで、私は今まで意識して手を出していなかった、目眩めくカミキリムシの世界(大型に限る)に誘われる事となったのです。

聞こえは良いけど、実際はただのミーハーだがな!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。