スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第ニ陣、登場

夏休みが終わり、学校生活がまた始まった害虫です。

\ヤメローシニタクナーイ/


さて先日、飼ってたヤエヤママルバネクワガタの幼虫一匹が無事♂成虫となった訳ですが、なんと新たに、別の一匹も羽化している事に気付きました。

ソイツも♂でした。そして顎が小さい…。完全なる小歯型です。



こんな感じ。



体長およそ50㎜。それでも同じ長さのヒラタやノコギリと比べるとずっとデカく思えます。



前紹介した中歯ヤエマルと。サイズ差による顎の変化からは、やはりマルバネでも逃れはできぬ…!


オス、そしてまたオスと連続しましたが、私の手元にはまだあと一匹、メスとおぼしきヤエマルが残っています。しかし状況を確認してみたところ、これがなんと蛹どころか、まだ前蛹のままだったのです。他が羽化していく中、どうも変態が圧倒的に遅れているようです。マルバネ…一体、どうしたというんだ…

前蛹の入った土繭は先の方だけ僅かに、しかもすぐフタができるように塊状に崩してから中を確認したのですが、これで蛹化に一層支障が生じたりしませんかね…?なまじ蛹だと思っていたばかりに、妙に嫌な予感がします。

無事に羽化してくれなければ、私のこれまでの苦労が…何もかもおしまいだぁ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

無事に冬を越せるといいですね(^^)!

Mr.Bigさん>

残念ながらマルバネ成虫の寿命は2、3ヶ月程度なので、冬は越せないのです…。

まじすか!クワガタなのに儚いですね、、、、、
その儚さがまたカッコいいです!
プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。