スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の「M」

……どーも最近更新悪いな…

冬に差し掛かると特にする事が無くなるからです。はい。冬に欝病患者が増えるのはきっとこれと無関係ではない筈。多分。

さて前回、終齢幼虫の状態で購入したヤエヤママルバネクワガタ二匹が♂成虫となって羽化した記事を上げましたが、そこで最後にまだあと一匹が残っている事をほのめかす…どころか堂々と言っちゃってましたが、



無事羽化してました。
ヤエヤママルバネクワガタ、♀成虫です。

見た目的にはミヤマクワガタのメスを思いっきりデブにしたような感じで、♂成虫以上に「マルバネクワガタ」の名前が相応しい形となっています。

体長は約45mm。異様な横幅と体の太さも手伝って、日本産クワガタ♀成虫としては規格外のデカブツぶりを誇っています。しかし、こいつのギネスサイズが57mm程であるらしい事から考えれば、これはまだ全然小さい方です。


これらのマルバネを去年買った店に最近行ってみたら、今年も再びヤエマル幼虫が入荷していました。が、値段がなんと以前より倍近く高騰していたのです。

……うーむ、マルバネはブリードの方法に癖が有り過ぎる事で有名なので、繁殖に対して実はそこまで深く考えてはいなかったのですが、値段が高騰する=今後の入手が困難になりうる事を意味しており、更に現地でのマルバネクワガタ採集を禁止する動き(ふざけんな!!)も活発になりつつある昨今、やっぱり自分で繁殖させる事も視野に入れなければならないのでしょうか……?


うーん、どうしよ……
どうしよ……
どうし……ん?




ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

じゃけん来年も飼いましょうねぇ

次は害虫さんの番ですね!

鼎さん>
飼育セットまで揃えれば……破産待ったなし!


アリアケギバチさん>
♂クワガタの繁殖への執念は見習うべき…?
プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。