スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂気の銀翼・後

はいどうも、前回の続きです。不謹慎度が前回と比べて更に増えます。



ノーズアート。

日本ではあまり馴染みはありませんが、欧米ではよく軍用機の先端部に人物画や何かのキャラクターを描く一種の文化みたいなものがありました。最近ではあまり見かけないようですが、戦時中には特にかなりの数が描かれていたようです。

貴族出身の飛行機乗りが、己の身分を誇示する為に描いたのがその始まりだったとか色々言われていますが、戦時中に描かれるものになると、相手国を小馬鹿にしたり女性のヌード画を描いたりと、その内容は急激に俗っぽくなっていったのです。



例えばコレ。B-17のノーズアート「ミス・パトリシア」。女性の名前ですが、描かれているのはチャップリンに次いで最も有名なチョビヒゲを持つ、あの独裁者です。
?「大っ嫌いだバァァァァカ!!!」

私が考える中での、その最たる例が「あの」B-29であり、その下品かつ不謹慎な俗っぷりは「痛車の先祖」などと揶揄される程です。エノラ・ゲイやボックス・カーなどの原爆投下用に改造、編成された「シルバープレート」の物などは特に有名ですね。

今回は、ネットから集めてきた「個人的にツボにくる」B-29のノーズアートを紹介したいと思います。



ストレンジ・カーゴ
「風変わりな荷物」とでも訳できましょうか、響きがカッコいい。この機体もシルバープレートの一つだったので、その「荷物」とは……
あとはお察し。


ネセサリー・エビル
シルバープレートの一つ。「必要悪」という意味。ヒビ割れた日章旗を脚蹴にするアメリカ人の図。自分らの行う無差別爆撃はあくまで正当な事である、という意志と清々しいまでの開き直り感が如実に現れていますね。不謹慎ネタが大好きな私もこれにはニッコリ



ストレート・フラッシュ
これもシルバープレート。
直訳で「真っ直ぐ流す」という名の通り、丸メガネをかけた日本兵が便器に流される図です。ポーカーの役とのダブルネーミングなのでしょう。
日本兵は大体「丸メガネに出っ歯」の姿で描かれるので、実に分かりやすいです。
黄色猿共は腹を切って死ぬべきである!また、奴らはただ死んで終わるものではない!大正義アメリカが、トイレの便器に投げ込む者達だ!



フルハウス
やはりシルバープレート。同じく日本兵が、今度はトイレから締め出される図です。機体名が「満員」という意味も含むからでしょうか。恐らくこれもポーカーとのダブルネーミング。
それにしてもアメリカは、日本兵をトイレにぶち込みたいのか追い出しのか……
おめー(日本人)の席、ねえから!



サム・パンプキンス
ここまでシルバープレート。表記は省略形の「PUNKINS」ですが、書籍とかでは普通にパンプキンスと記されてます。模擬原爆「パンプキン爆弾」が由来でしょうか?



アトミック・トム
世界一有名なコメディ・アニメ「トムとジェリー」から。
この後トムが自爆するまでがテンプレですねわかります



358THエア・サービス・グループ

描かれているのは、これまた古い歴史を持つアニメキャラ「バッグス・バニー」です。
どったの?センセー。



デスティニーズ・トッツ
「運命の子供達」。直訳すればそうなりますが、意訳してデジモンっぽく「選ばれし子供達」とか言ってもいいかも。
故・風間やんわり氏の四コマ漫画「食べれません」の画にちょっと似ている気がする。



ウッディーズ・ワゴン

荷車を大挙して引く人物画。なかなかのスケールです。乗組員と思われる男達による見事な再現が実に微笑ましい。

ヴッディ!!!(激昂)



チョット・マッテ
B-29には、日本を皮肉って機体名に日本語を交えたものがいくつかあるそうですが、これはその究極形。絵もただのヌード画であり、名前とあんまり関係ない。なめとんのか



フィフィ
FIFIというのは省略形の女性名のようですが、詳しい由来は不明。

描いてあるのは文字だけですが、この機体の真に凄い所は、過去の記事でも少し触れたように、「唯一現存する飛行可能なB-29」であるという事。少なくとも去年までは普通に飛んでるようです。害虫氏の最も見てみたいアメリカ軍用機堂々の1位。



……どうでしょうか?
私が調べたのはまだほんの一部だと思いますが、なかなか愉快な物ばかりだと思います。

将来車とかを買って、自分なりのカスタムを施したいと考えている人などは、これらのセンスを是非参考にすべきだと思います。
安易にアニメの版権絵だけ貼りつけて満足するようでは、くっさい上に非常にナンセンスです。


人生にもっと皮肉と風刺の精神を!





おまけ(画像は拾い物)

そして時は流れ……



AH-1S陸上自衛隊木更津駐屯地イベント用特別仕様機、通称「痛ヘリコプター」。

これもノーズ…アート?
おおぅ……もう……
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

各ノーズアートの解説をもうちょっと詳しく!

ぼさん>

ちょっと説明が抽象的過ぎましたかな?分かる範囲で修正が必要なようだ…。

B-29のノーズアートを詳しく解説してくれる本とかがあればいいのに。探しても見つからないんですなこれが…
プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。