スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹を征く者・中

害虫です。雨とか曇りばっかで外出る気にならねえ…。


前回までのあらすじ

人生初の航空祭に足を運んだ害虫氏は、目の前に並ぶホンモノの戦闘機に大興奮。最近やたらドマイナーな駆逐艦の知識を鼻に掛ける奴らが増えている昨今、やはりミリタリー趣味において一番大切にすべき事は、知識などではなく、写真でも生でも、とにかく現物を見たときに感じたフィーリングそのものである、と確信した…。

ちなみに人生初の「生で見た戦闘機」は、佐世保に来航した空母ロナルド・レーガンの甲板に係留されていたF/A-18ホーネットです。



さて、航空祭と言ったら誰もが楽しみ、私も楽しみの展示飛行。絶好のチャンスを見逃すまいと、ガチの写真家達が本格的一眼レフを構える中、私は壊れかけのクソコンデジ両手に待機。

そして遂にその瞬間が…

F-15DJ

アフターバーナーを用いての急上昇や、高機動性の象徴とも言える急角度でのバンクを次々に決めます。けたたましいエンジン音も、動画で見聞きするのとは大違い。生の戦闘機、こんなに凄まじいものだったとは…!!

F-4EJ改

それぞれ離陸と着陸。飛行写真はカメラのレンズの動きが突如おかしくなって電源が付かなくなる発作が起こり(しばしばある)、こんな時に限って撮影出来ず…。

F-2 支援戦闘機

逆光のせいでほぼシルエットっぽくなってしまってますが、日の丸のマーキングだけはギリギリ見えます。失速寸前ではないかと思う程の超低速飛行などをやってのけました。ちなみにF-2はF-16を機体ベースにしているからか、現場ではヴァイパー・ゼロとも呼ばれているそうです。

と、ここでふと目の前に展示されていたF-16を見ると… 



あれ、キャノピーが開いてる!?

ということはまさか…
 

F-16C

はい、飛んでくれました。というのも、今回航空祭に来たのは在日米軍のアクロバットチームなんだとか。いにしえの飛行技術・インメルマンターンなどをやってくれました。そしてこの後、そこには何故かチームの米兵さんと握手をし、サインを貰う害虫氏の姿があったという…。



ここ新田原基地は宮崎県の中心から離れた場所にあり、しかも真冬に航空祭が開催されるにも関わらず、全国から多くの人が集まります。それは、全国でもここでしか見られない、特別な飛行展示が行われる為です。

それは、飛行教導隊(アグレッサー部隊)仕様のF-15DJ。 

飛行教導隊とは、新たなF-15のパイロットを養成する新田原基地での模擬戦闘訓練において、敵役を演じる部隊の事であり、エリート中のエリートパイロットから編成されているといいます。

敵役であることを強調する為に、彼らの乗り込むF-15DJには特別な塗装が施されており、この独特の塗装パターンを持つイーグルが見たいが為に、真冬だろうが九州の田舎の端っこだろうが、人でごった返す訳です。

私もそれを聞いて、是非写真に収めねばとカメラを構えました。

そしてついにそのF-15DJが出現!滑走路に向かおうと目の前を通る瞬間を狙って、押し迫る人混みの間から必死に手を伸ばし、一枚パチリ!ご覧下さい、これがその瞬間です!









トラック「邪魔するやで」


……………え?

……ま、まさか…………そんな…!

絶好のタイミングが…トラック(と地味に警備中のオッチャン)に阻まれたあああああああああああああ!!!!!

しかもここで先程のカメラの発作が再発。続いて来た二機目に至っては一枚も撮影出来ずじまいに!!

畜生めええええええええええええええ!!!!!


かろうじて一瞬復旧したのを見計らって撮ったのがコチラ。さっき見切れた機体です。ダズル迷彩チックなパターンが何ともイカしてます。

一番撮影に意気込んでいたにも関わらず悲惨な結果に。

ば…ばかな…… ガクッ

〈今だ!異界に送っちま(ry


結論:もっと上手く撮ってるガチ勢の方々のサイトを見てきて、どうぞ。


という訳で、怒りにうち震えながらも午前中最後のプログラム。


C-1輸送機

豪快かつスピーディーな戦闘機と比べて、輸送機は実にのんびりした飛行です。

そして実はこのプログラム、メインがC-1…


では無く……




!?

パラシュートが次々に…!!

陸上自衛隊第一空挺団による、パラシュート降下のデモンストレーションでした。かっこいいですよね、空挺降下。男なら誰もが憧れるかと思います。

展示飛行はこの他にもヘリコプターによる救助デモなどがありましたが、売店などを見て回ったりもしたので、全部は見れませんでした。




そして午後は遂に、「あのチーム」が!!

後編に続く!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

空挺隊員は男の憧れですよね!
101空挺師団にドイツの降下猟兵、まじいけめんです!

No title

エアーボーンさん>

今月下旬の鹿屋航空祭でもチヌークからの降下をしてくれるそうだから、これは行かなきゃな~。空挺降下は初めて見たけどこれはハマりそう。
プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。