スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿屋の翼は眠れない・前

どうも、害虫です。

4月26日に鹿屋の海上自衛隊航空基地イベント「エア・メモリアルかのや」に行ってきたので、早速レビューを書きたいと思います。

今回も新田原の時みたくオープニングセレモニーから見たかったので安定の早朝凸。しかし近場での開催である為、あの時と違って前日から現地に出発しなくていいので楽でした。

そして無事予定通り鹿屋基地に到着。着いて真っ先に目に入ったのが…


二式大艇

大東亜戦争中期に配備された大型飛行艇。「日本が生み出した最優秀の航空機はゼロ戦」と思っている人が結構多いかと思いますが、実はこの二式大艇の方が世界的な傑作機として有名なのです。実物が見られるのは恐らくここだけなので、かなりレア。

それはともかくとして、この機体……


デカスギィ!!!

飛行艇だから大型なのは当然ですが、なんか私が想像してたのよりもかなりの大きさ。数字やスペックを文面で見ただけではやはり全然見当が付きませんな…

そしてこの薄さである
魚で言うとアジみたいな体型。あまりデブだと重くて着水出来ないかもしれないから…なのでしょうか?

セレモニーまでまだ時間があるので、基地周辺の露天展示を見学。

戦艦「比叡」主錨

説明ではそう書かれていましたが、なんか以前大和ミュージアムで見た「陸奥」や「大和」のとだいぶ形が違うので、個人的には本当にそうなのか疑問に思うところ。

しかし元々は「金剛」がイギリスに外注して建造されたものであると考えれば、それを更にベースにして建造した「比叡」も、初期型は錨の形が、後に国内で建造されたそれらと比べて若干異なっていたと考えても不自然ではない…のかもしれません。実際、当の比叡自身はソロモン沖の海底に没しているので、もし本当に比叡の錨だったとしたら、改装前に取っ払ったものに違いない筈ですし…

魚雷

誰がどう見ても魚雷。艦に搭載するものから航空機に載せると思しきものまで。大戦時下のものなのでやはり何気にレア。アメリカから「ロング・ランス」と恐れられたあの酸素魚雷です。

その隣にはゼロ戦や紫電改のエンジンなども露天展示されていました。錦江湾海底から引き揚げられたものだそうですが、吹上浜から三座水偵がそのまま見つかったように、探せばまだ色々沈んでそうな気がする…。

他にも自衛隊歴戦の航空機が複数置いてありましたが、よほどのマニアじゃなければ分からなさそうなものばかり。そういやジェット黎明期の航空機ってあんま知名度無いですよね。セイバーやミグ15辺りは確かに有名ですが、F-4じゃない方のファントム(初代)とか知らない人のが多いんじゃないでしょうか。私もあんま知りませんし…。

そうこうしている内にセレモニーの時間が近づいて参りました。メイン会場へと場所は移ります。

複数の格納庫内でイベント展示がなされていましたが、注目はこれ。

零式艦上戦闘機52型

何やらアメリカで修復されていたゼロ戦を日本に里帰りさせるというプロジェクトが進んでいるらしい、との噂を聞いていたのですが、コレがまさにその機体。一度バラされて日本でまた組み立てをしていたようですが、こんな形でご対面とは…

鹿屋は帝国海軍時代からの縁ある航空基地なので、完成した暁には是非、70年近くぶりにもう一度鹿屋の空を舞って貰いたいものです。

いよいよセレモニー開始。音楽隊によるファンファーレと共にテープカット。

そしてお待ちかねのオープニングフライトがスタートしました。遠くから鈍重なプロペラ音を響かせ飛んできたのは…

P-3Cオライオン 哨戒機

鹿屋航空基地の主力にして目玉!敵潜水艦の発見、攻撃能力に優れた対潜のスペシャリストです。この機体がメインの航空祭は全国でも鹿屋だけであり、万人が好む戦闘機メインの新田原と違って、鹿屋はやや物好きなファンが集まる航空祭、といった感じのように思えます。お陰で新田原の時のようなアホみたいな混雑もありません。続いて…

P-1 哨戒機

近年配備されたばかりの純国産の新型哨戒機。間近で飛ぶ姿を見れたのは結構レアだと思います。P-3Cと違ってターボファンエンジンを搭載しているので、一見するとただの旅客機のようにも見えます。

オープニングフライトの後は航空学生によるファンシードリル展示。楽隊の演奏と共に歩兵銃を抱えた隊列の一糸乱れぬ動きが見もの…なのですが、画像右にいた大太鼓を抱えた人物が、他の楽隊が直立不動の中、一人だけやったらノリノリでキレのある腰振りをしながら演奏していたのが個人的にツボにハマり、それどころでは無くなってしまう自体に。巨大な太鼓を前に担いでいて必然的にそういう動きになってしまうのかもしれないし、何より本人は真面目にやっているだろうから滑稽に感じるのは失礼極まりないのですが…。



次回はいよいよ展示飛行イベントへ突入!

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。