スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた朱色の徹甲弾

どうも。深夜になっても眠くない害虫です。

ジャスミン茶を一度に2リットルも掻っ込んだせいか、明後日の自衛隊航空祭が楽しみ過ぎるせいかは分かりません。

いや、やたらトイレが近いんでやっぱり前者かも。


という訳で今日も深夜テンションで更新していきますよ。


いきなり問題です。



これは何でしょう?






……見た感じ、繭ですね。何かの。


はい、そうです。これは繭です。

中身はこんなです。





すっげぇキモいデザインだな!!!

そしてこのすっキモな幼虫と蛹の成虫こそが………




ヤシオオオサゾウムシ

これが正体。外来種昆虫の「ヤシ」「オオ」「オサゾウムシ」です。初見じゃどう区切るのかわからんよ……

東南アジア原産の昆虫とされ、街路樹に用いられるフェニックス(カナリーヤシ)の害虫として知られています。

南九州では2000年代初め頃から猛威を奮い始め、様々な場所に植えられていたフェニックスを立ち所に枯らすという、暴虐の限りを尽くした(?)邪悪な存在です。



こんな風に枯らします。
通常とは異なる枯れ方をするので、ヤシオオオサゾウムシ、縮めてヤシオの仕業だとすぐに分かります。


こいつが食害するのは、殆どが国外から持ち込まれた外来種のヤシばかりであり、日本在来のヤシへの被害などは、特に目立って知られてはいないので、派手な事をする割には「特定外来生物」どころか「要注意外来生物」にも当て嵌まっておりません。

一応、ヤシの木などに病気をバラ撒く存在という事で駆除や対策がなされた為、近ごろは殆ど姿を見かけなくなったようです。当時夢中で採集したであろう虫屋の方々からも「ヤシオ?アレまだいるの?」と忘れかけられる始末。

まるで、数年前からブームが既に過ぎているオワコン深夜アニメの話を唐突に振ってしまうような心許なさです。

写真は、2011年に辛うじて市街地に生き残っていた個体を採集し、撮影したものです。

誰も彼もがオワコン扱いしている哀れな虫ですが、私にとっては昆虫採集を始めた頃に知ったという事もあり、深く印象に残っている虫の一つです。

明らかに日本離れした、仰々しい艶のある朱色と黒のカラーリング、ドングリや徹甲弾を思わせる流線的なボディ、僅か3センチ程の大きさながら、高さ数メートルの木を次々と枯死させてゆくその凶悪性に、強く惹かれたものです。

枯れかかったフェニックスから取り出した繭の中に、生きたコイツの姿を見出だした時など、絶頂すら覚える!!!


さて、現在のヤシオですが、去年の春やっとの思いで数頭採集したのを最後に、その姿を見る事は(今のところ)なくなりました。

近くでそれの仕業と思われる枯れたフェニックスを見かける事がたまにありましたが、実物を確認する事は未だ出来ずじまいです。


しかし…去年のアレが最後のヤシオとは思えない……。

ヤシオ、この地のどこかに。

はぐれた帝

今日も私は、いつものように大学構内を歩いていました。しかしふと一羽の蝶が横切っているのが目に止まり、それをじっと凝らして見ると…


あれ!?ミカドアゲハじゃね!?

途端にダッシュで追い回す害虫氏。網も無く丸腰でしたが、普段からキャップを被って外に出る習性があるので、それを使って人目もくれず捕獲を試みました。



ミカドアゲハ、無事捕獲。クスノキ周りでよく見るアオスジアゲハの近縁種ですが、それよりは数がずっと少ない気がします。というかこれが初採集です。やったぜ。


ミカドアゲハは春の終わり頃に出現する蝶だと思っていたばかりに、秋真っ盛りの今に捕れたのは大変意外でした。

図鑑で見ると確かに、「春から初夏にかけて発生」とあります。しかし、「一部に夏と秋に羽化する個体も混じる」ともあったので、コイツは恐らくその「一部の奴」だと思います。つまりはぐれ者です。

そしてコイツ、前翅が異常に丸いです。ミカドの翅は普通、もっと出っ張った三角形のような形の筈なのですが、恐らく羽化不全を起こしたか、矮小化個体のようです。確かに翅の先が縮れてるように見えます。サイズも小さめ。


ミカドアゲハは、八重山諸島に生息する個体が有名です。本土産の模様がクリーム色なのに対し、八重山産のものはアオスジアゲハにも劣らない青緑になり、裏翅には赤い模様も入るからです。かつて、実際にその野生個体を捕るチャンスがあったのに… 今ではかなり悔やまれます。

怪物カミキリに出会った話

(もう米軍基地の強襲揚陸艦を遠目に探すだけの生活は嫌だお…)

という訳で実家の佐世保より再び鹿児島に舞い戻った私こと害虫です。ボノム・リシャールでっかかった。

最近絶望的に虫捕りに行けず、敢えてやったことを挙げるならば、せいぜい地元の山のクヌギを数秒眺めたぐらいでしょうか。カナブンしかおらんやっか…


とりあえず1/700空母タイコンデロガのプラモを即買いボンバーしたのですが、そろそろ軍事ネタの話をするのも飽きてきたんで、久々に虫の話を。


何度か話しておりますが、私はデカブツな虫が大好きです。小型の稀少種より大型の普通種を選ぶ位好きです。大型で稀少種なら尚更好きです。

そんな私が、今まで見てきた虫の中で、最も震撼した奴は何かと挙げるならば、これはもうアレしかいません。










タイタンオオウスバカミキリ。





ネットとかテレビでよく取り上げられる「巨大昆虫」の筆頭格たるアイツです。南米に生息していて、子供が手に持っている写真が特に有名ですね。

しかし「生で見た」という人は、その知名度の割には圧倒的に少ない筈でしょう。

ですが、私は偶然にもその「本物」を見る機会に巡り合う事ができたのです。

二年くらい前ですが、色々あって「タイタンの標本を持っている」と言う人と知り合いになり、実際にその標本を見せて貰ったのですが、それは写真で見るよりも、遥かに私の想像を超えた存在でした。



こんなです。

タイタンの姿自体は、ノコギリカミキリとウスバカミキリとベーツヒラタカミキリを5:4:1の割合で混ぜたような地味な物ですが、その規格外のデカさの前に、そんな文句は直ぐ様何処かへ消え失せる事でしょう。

初めて見た時の率直な感想は、「こんなん地球上にいる生物じゃねえ」でした。
もはや昆虫ではありません。怪物です。普通ならば、どんなにデカいデカいと言われる虫だって、所詮は指二本で摘める程度の大きさです。しかしコイツは違います。まさにネットで出回る写真のように、片手全体で掴まなければならない程デカいのです。「摘む」ではなく「掴む」です。

確かにカブトムシとかクワガタでも、近年は大型の外来種の入手が簡単になり、巨大な個体を店先で見る機会も増えましたが、こいつはカミキリムシです。その辺の養殖臭い連中とは違って、普段ならまず見かけもしないものですから、衝撃度も桁違いでした。


コレのせいで、私は今まで意識して手を出していなかった、目眩めくカミキリムシの世界(大型に限る)に誘われる事となったのです。

聞こえは良いけど、実際はただのミーハーだがな!!!

記録更新

2014年7月11日。



市内の某山にてヒラタクワガタを採集しました。樹液周りではなく灯火周りの方で捕まえたので、多分新成虫です。

本土亜種では自己ベストの52mm。ヒラタはクワガタの中でも一番好きな種なので去年から集中的に狙っているのですが、まだまだこんなです。60オーバーなんて何処にいるんですかねぇ…。




こちらはトビズムカデ。ヒラタのいた場所から少し近くの路上で捕えました。118mmのやや大型。液浸標本の作り方を知ってからは大型個体にのみ狙いを付けているのですが、本土で確認されるトビズの体長(触覚と歩肢の長さを除く)は、最大でも130mm前後くらいですかね。南西諸島産のものはそれより大きめになります。

トビズムカデが含まれるオオムカデ類は、成長しても脚の数が増えたりはせず、体全体がそのまま大きくなるので、たった1、2センチ違うだけで、その怪物度も大きく変化します。

昔、西表島で15センチのトビズを採集した事があるのですが、ここまで来るともはや妖怪です。

デカブツ虫好きとは何とも子供じみた嗜好だと馬鹿にする人もいるでしょうが、好きなものはしょうがない。

知名度低いクモ大将

ゴキブリ駆逐兵器として知名度の高いアシダカグモ、通称アシダカ軍曹。

網を張らない徘徊性のクモであり、対ゴキブリ生物の一つとして話題になりつつも、特に注目されるのはその巨体。


家の中に出るという事もあり、怖い人にはトコトン怖いクモとなっています。


そんなこともあって、アシダカグモが日本最大のクモだと思っている人も多いのでしょうが、…実はそれは大きな間違いなのです。

アシダカより巨大なクモが、この日本にはまだいるのです。

アシダカのアイデンティティである「徘徊性のクモ」の括りの中でですら、アシダカはトップに立っていません。それ程にまで、日本のクモには更に上がいるのです。


つまりアシダカ軍曹というあだ名は、サイズ的にも言い得て妙なのです。

では、日本最大と言われるクモは、一体どんな奴なのでしょうか。

写真を見て貰った方が早いでしょう。こいつです。





え?こんなクモ見たことない?

まあそう言う人も多いと思います。

このクモは南方種で、日本では奄美大島以南でしか見ることができません。見た事ない人の方が多い筈です(逆に奄美、沖縄出身の人は見飽きてると思います)。

和名をオオジョロウグモと言い、本土にもいるジョロウグモ(秋になると腹が赤くなってデカくなるアイツ)の仲間(同属)で、

大型個体は大人の手の平にも余裕で収まらない程の大きさになります。

名前にオオが付くだけで本土のジョロウグモとは比べ物にならないレベルとなり、網の大きさや牙はもちろん、脚の太さも「針くらい」から「小枝くらい」にパワーアップします。正に日本産クモの大将格と言うべき存在です。

個人的には、南へ向かう程巨大化する印象があり、八重山諸島で見たオオジョロウがこれまで見た中でのMAXサイズでした。


黄色と黒の縦縞模様が目立ちますが、稀に全身真っ黒の変異個体もいます。(個人的通称「闇堕ち」。)


これだけドデカいインパクトを持つクモですが、一つ面白い事がありまして、実は大きく目立つ個体は全部メスであり、オスの方はなんと10mm程の大きさしかなく、しかも本土のジョロウグモのそれと比較しても、大して変わらない大きさなのです。体色もメスとは全く異なります。


更には交尾を仕掛けにメスの網に入った途端、エサと間違われて喰われる、なんて事も割とあるようで…。

インフィニット・ストラトスの世界観もドン引きしそうな男女格差ですね。


メス「どーせ子種提供することしか考えてないオスはこの程度の扱いでいいんだ上等だろ」

オス「……………。」



プロフィール

害虫

Author:害虫
たった一冊の昆虫図鑑に端を発し、「普通」の道からひたすら逸れ続けてしまい早20代半ば。

一流の「虫屋」と呼ばれる存在を目指し、日々奮闘している情けない新社会人。

しかし仕事に追われて虫捕りがこれっぽっちも出来ず、とりあえず当面はそちらに打ち込みたい。

良い言い方をすると、「自分の正しいと思う生き方の探求者」、悪い言い方をすると「社交性無きマイペース野郎」。

どっちになるかは将来の地位次第。


「最も賢い生活は、一時の風潮を馬鹿にしつつも適応していく事」

「上質な皮肉と風刺こそが最も優れたコミュニケーション手段」

「やる気を引き出す為の最たるファクターは、燃えたぎるような復讐心である」
という思想を人生のモットーとしている。

好きな生物はクワガタ、オサムシ、チョウ他多数の大型昆虫。1年置きに特定の虫に対してやたら執着する習性を持つ。最近はマルバネクワガタの繁殖に執心している。

リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの観察者
現在観察中
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。